ファスティングダイエットの正しいやり方

ファスティングダイエットの正しいやり方

ファスティングダイエットは体に少なくない負荷をかけます。効果的でスピーディーなダイエット法ではあるのですが、ストレスも避けられないものです。

正しいやり方を知って実践し、少しでもラクな気分で体型を変えていけるよう、次の「順序」を守りましょう。

3つの段階を踏んで上手に体型を変えていく

1)準備期間を作る

いきなりの絶食はNGです。体をある程度の負荷に慣れさせるため、ファスティングを行う時期と同じ日数分、準備期間を設けます(例:3日ファスティングするなら3日準備)。

この時期には、まず普段より食べる量を少なくします。目安としては、「腹6分目」。「8分目」や「10分目(お腹いっぱい)」まで食べていると、ダイエットを始めてから辛くなります。和食など、バランスよく栄養素を摂れる食事を心がけるのも大事なポイントです。

2)ファスティングを実践!

満腹食べない状態に慣れてきたら、ファスティングを実践していきます。朝昼晩のいずれか、あるいは二食程度を、酵素ドリンクに置き換えましょう。もちろん間食は禁止!

水だけで過ごす、という危険なファスティングは過去のものと考えてください。空腹を感じれば、満腹にならない程度に食べてもOKです。必要な栄養素は酵素ドリンクで十分に摂取できるので、あまり食べ過ぎないようにだけ注意すれば自然と体は細っていきます。

3)最重要!? 復食期間の設定

ファスティングを行った後は、通常の食事量に戻すまでにも、ある程度の段階を置きましょう。これもファスティングを行った期間を同程度の日数をかけます。流動食からスタートして固形食に戻していくのが理想ですが、メニューを考えるのが難しければ、「徐々に食べる量を増やす」という程度でもOKです。

いかがでしょうか? 意外に細やかな配慮が必要で、「考えるだけでも疲れるな」と思うかもしれません。もっとも、無理してすぐに始める必要はないんです。あなたの体調が万全なときに、準備期間から始め、徐々にファスティングダイエットをスタートしましょう。

更新情報・お知らせ

ファスティングダイエットってリバウンドしやすい?NEW
ファスティングダイエットと相性のいい酵素ドリンクUP
ファスティングダイエットの正しいやり方
ファスティングダイエットをしている芸能人って?

↑ PAGE TOP